お知らせ

3月は、みなさんの税金がどのように使われるのかを決める、
予算議会(2月17日~3月23日)の月。
川崎市の財政力は20政令市中トップが続き、
唯一の普通交付税不交付団体です。【解説参照】

市長は「財政が厳しい」と言います。
お金の使い方をただし、
臨海部などの不要不急の大規模開発をやめれば、
認可保育園や特養ホームの増設など
市民の切実な
要求のために使うお金は十分あります。
防災対策も待った無しです。

新型コロナと消費税増税などで、
くらしや命が脅かされている今こそ、
市民生活をしっかりと支え守る予算に転換させていきます。

2020年3月に咲く二ヶ領用水の桜

 

 

 

 

 

【解説】普通交付税不交付団体
国の財政に頼らず、自前の市税収入で財政運営できる状態です。人口推計でも増加傾向を続ける川崎市は、市税収入増が10年続くと言われる恵まれた条件を持っています。

Twitter

トピックス

新型コロナウイルス感染症対策で申し入れ(3月25日)
NEW!2020年3月29日 [議会活動報告]

新型コロナウイルス感染症対策で申し入...

3月25日、日本共産党の市議団は、伊藤副市長に「新型コロナウイルス感染症対策の更なる充実強化を求める要望書」(...

『中原革新懇』の第7回総会に出席しました・3月22日
2020年3月24日 [ゆうゆうレポート]

『中原革新懇』の第7回総会に出席しま...

3月22日日曜日に、『中原革新懇』の第7回総会が開かれ、私も出席いたしました。 総会の前半は、立憲民主党参議院...

2020年川崎市議会第1回定例会・予算審査特別委員会/詳細報告3
2020年3月14日 [議会活動報告]

2020年川崎市議会第1回定例会・予算審...

(3)今井地域の老人いこいの家の整備について、健康福祉局長に伺います。 [caption id="attachment_4714" align...