お知らせ

ハスの葉にカエルのイメージ

7月〈文月〉。
当初、梅雨入りは早いとされていましたが、
ふたを開ければ例年通り…
鬱陶しい日々とともに、大雨による災害を心配しながらも、次なる猛暑に備え覚悟し、身体と気持ちを整えておきたいものです。

さて、 コロナ感染拡大は治まるどころか、広がりの一途です。
東京五輪の開催ありきで突き進む菅政権。命をないがしろにする政治は許せません。

批判や不安の気持ちももちつつも、
「もう決まったことだから、中止するのは難しいでのは」という声もあります。
しかし、五輪は自然災害ではありません。
人間が行うイベントです。政治が決断すれば、中止はできます。
中止決断を明確に訴えているのは日本共産党だけです。

今、東京都議選が真っ最中。
各世論調査では、五輪の開催の成否が焦点となり、『毎日』では、「このまま開催」に「反対」が58%、『朝日』調査でも「再び延期・中止」の合計が60%を占めています。五輪中止がみなさんの思いと響き合っています。

明日の天気は変えられませんが、明日の政治は変えることができます。
声を挙げ、変えてきたという実績を作っています。
あきらめずに、この7月ご一緒に声を上げていきましょう。