この指とまれ(コラム) ゆうゆうレポート

「市民アンケート」へ のご協力に感謝します

2012年10月31日

CIMG8808日本共産党川崎市議団でとりくんでいる「市民生活に関するアンケート」に、市民のみなさんから5千通(中原区は880通)をこえる返信が寄せられています。貴重なご意見感謝いたします。
アンケートの特徴は、「暮らしが苦しくなった」が68%にも上りました。子育て支援の願いは強く「中学校給食の実施」は67%、「小児医療費無料化の拡充」は『中学校卒業まで』『小学校卒業まで』あわせて92%にも及びます。普通ごみ収集回数を来年秋に週2回に削減する計画については、「3回を維持してほしい」が74%でした。
「今生きるのが精一杯の毎日です」(50代女性)など、アンケートに寄せられた切実な声に背筋が伸びる思いです。
通学路や道路などの安全対策や、身近な改善要望も多数寄せられており、それら一つひとつに丁寧に対応して行きたいと思います。