ゆうゆうレポート

「成人の日を祝うつどい」の式典に出席しました。(1月14日)

2013年1月15日

CIMG8974

   大雪となった成人式!とどろきアリーナで開催されました。振袖を着た成人者のみなさんは、大変な苦労して会場に向かったことでしょう。

私は、毎年、自転車で乗って会場に行きますが、この大雪では、転倒する危険もあるので家からアリーナまで歩いていきました。中原駅から、中学校の友人たちと成人式に出席するという高CIMG8978津区に住む男性グループと一緒になり少し話しをしながら、アリーナに向かいました。これから就職活動するという青年は「とにかく就職できるようがんばりますよ」と気合をいれて話していましたが、一方いっしょにきていた友達の中には、ニートの人もいるようで、今の青年たちの置かれた実態がみえてきます。中学の部活でよく等々力にきていたということもあり、裏道を迷うことなくさっさと歩き15分もかからず到着!わずかな時間ではありましたが、「成人」を迎えた人たちが、「個性を生かして働くことができ、将来に展望がもてる社会をつくるには、何よりも雇用の場を増やしていくことだ」と、また、感じさせてくれたひと時でした。

  川崎市の『成人の日を祝うつどい』のパンフレットの中の『未来へ繋ぐ思い』(写真)には、「人と人をつなげるソーシャルワーカー」「子どもたちを音楽CIMG9001大好き人間に育てるかっこいい音楽教師になる!!」「子どもの少しの変化にも気づくことができる保育士」「生まれ育ったかわさきに貢献できる看護師になる!!」「地元の幼稚園に勤める!」「研究者 東北復興!」「自分に出来ること、人のためになること、真剣に考える!!」などなど・・・思いがボードに綴られていました。ぜひ、みなさん目標にむかってがんばってください。私もみなさんの思いが実現できるように、がんばります。

  「成人」おめでとうございます。

  川崎市の新成人 12,986人 中原区1,879人 (2012年10月31日現在)