ゆうゆう通信

期待します―中学校給食の実現を

2013年2月8日

阿部市長は、頑固なまでに中学校給食を拒んでいます。「選択する力を養う必要がある」といいます。ですが実態は、菓子パンやコンビニ弁当の子がいたり、何も用意できず教室に入れない子もいるということです。

残念ながら、市場原理主義や構造改革路線は日本の家庭基盤をも大きく弱め、こどもにお弁当を用意できない家庭を生みだしています。食育や食文化の観点からも、そして何より子どもの健やかな成長のために、ぜひ今年こそ中学校給食実現させたいものです。

今井西町 君嶋千佳子