ゆうゆうレポート

県立技術校跡地に、耐震性防火水槽設置

2013年4月21日

予算審査特別委員会で、2013年度の耐震性防火水槽の設置計画について質問したところ、消防局長は、中原区の県立技術校跡地はじめ5カ所に設置すると答えました。
下小田中の県立技術校跡地(現在、警察官舎建設中)の提供公園内に60トンの防火水槽の設置が実現します。

「同跡地を防災公園に」と住民のみなさんの要求運動が広がるなか、大庭議員は同跡地周辺が消防水利の未充足地域になっていることを明らかにし、耐震性防火水槽を設置するよう求めていました。
「整備目標をもって、期限を決めてすべての未充足地域(左上地図)に防火水槽の設置を」と質問したところ、消防局長は「整備促進に努力する」と答えました。