この指とまれ(コラム)

タウンニュース中原区版「子どもの日」特集号に寄稿しました。

2014年5月5日

園庭があり、経験の積んだ保育士さんがいる認可保育園の緊急増設計画を!

__ (43) 中原区で本年4月に新規で認可保育園の入所を申請した数は1645人、そのうち不承諾数は697人。不承諾率は42.4%と、数・率とも過去最多のうえ7行政区で一番入所が厳しいものでした。雇用の悪化と所得が減少しているもとで、生活困難や生活不安から早く預けて働きたいという保護者の切実な実態が広がる中で、認可保育園への入所申請は予測をはるかに超えて年々増加。市に対しては、繰り返し認可保育園の入所申請者数の見込みの甘さを指摘してきました。また「子ども子育て支援に関する調査」で今後の利用希望は認可保育園が最も多く約4割を占めていることからも、園庭や経験を積んだ保育士がいる認可保育園へ入所させたいという保護者のニーズがわかります。こうした願いに市が応えていくことが、子どもたちの笑顔が広がる魅力ある街になると思います。