ゆうゆうレポート

2008年を希望の年に みなさんの声をていねいに市議会へ反映します

2007年12月28日

2007,12,28, Friday

市民の願い実現に頑張ります 川崎市会議員 おおば裕子
昨年は初めての市議会で戸惑うことも沢山ありましたが、みなさま方の暖かい応援を頂きながら、市民要求実現のために、力いっぱい努力してまいりました。
さて、新しい年を迎えましたが、国政では未解決の「消えた年金」問題が尾を引き、「防衛利権」、さらに今年4月からの「医療費負担増」など、国民生活はますます窮地に追いやられようとしています。
また、川崎市におきましても最後まで守ってきた「老人医療費助成制度が廃止されるなど、阿部「行財政改革」のもとで福祉の後退はとどまることを知りません。
私は、市会議員2年目の今年、市民のくらし・福祉を守る自治体本来の市政を取り戻すために、みなさまの声をいっそう議会に届けるために全力をつくしてまいります。