ゆうゆうレポート

地域住民が待ち望んでいた中原の老健施設が設置取り消し!

2010年9月8日

CIMG5153 

  中原区今井西町で本年度中に開所予定だった介護老人保健施設(医療法人社団 健陽会))が、財政難により設置・運営法人の決定の取り消しを行ったことを、市健康福祉局高齢者事業課から報告(7日)を受けました。(写真は予定地)

取り消しの理由は、①募集要領の条件であった「着工時期 21年度(出来高20%程度)」が達CIMG5150成できなかったこと②募集要領の応募資格である「介護老人保健施設の開設及び安定的な経営を必要な能力・資力等」が確認できなかったこと③資金計画等を川崎市に無断で変更しその報告を怠ったうえ、法人の現況を確認するために要求した資料が期日まで提出されなかったこととしています。

市の補助金3億円は、今年度未着工であったため支出はしていませんでした。

  敷地面積は、3213.23㎡(民有地・賃貸借)、介護保険施設150床、通所リハビリテ―ション40床を予定していました。

川崎市には、介護老人保健施設が17カ所ありますが、中原区には一カ所もありません。それだけに地域住民のみなさんは施設ができることを待ち望んでいました。

こうしたことが2度とおきないようしなければなりません。

今後は、庁内調整の後、速やかに設置運営法人の再公募を行うことにしています。